賃貸の基礎知識と裏ワザを知っておこう

良い不動産屋に巡り合うポイント

賃貸の基礎知識と裏ワザを知っておこう
希望条件に叶った最高の賃貸物件を探すための対策としては様々考えられますが、何といっても「良い不動産屋」と巡り合うことといえるでしょう。
では、良い不動産屋に巡り合うためにはどうすれば良いのか、知っておくと役立つかもしれません。
まず知っておいてほしいのは、不動産屋には「大手チェーン」と「地域密着型」があるということです。
それぞれの特徴を知っておくことも良い不動産屋に巡り合うために必要なことです。
大手不動産屋チェーンは、店舗で多少は違うでしょうが、会社のイメージがあるのでサービスは整っていますし、悪いと感じる点は少ないでしょう。
また、「お客様相談センター」など苦情に対する対応も整っているので、何らかの問題が起こった場合でもすぐに対処してくれます。
さらに、チェーンならではの情報共有で物件保有数や物件保有範囲は最高といえるでしょう。
ただ、値引き交渉がしにくいというデメリットが、こういう大手チェーンにはあるといえるかもしれません。
一方の「地域密着型」不動産屋は、古くから地域にあるので掘り出し物件やお得物件を保有している可能性が大きいです。
また、物件オーナーとの関係も強いので値切り交渉ができる可能性が高いといえます。
ですから、賃貸物件のエリアが絞れているのなら地域密着型の方が良いかもしれません。
ただいずれの不動産屋でも、良い不動産屋にめぐり合うためには、良いお客さんであることも大切なポイントです。
では、サービスしたくなる良いお客さんとは、「以前のお客さんの紹介で来た人」「好印象を与える格好の人」「マメに連絡が取れる人」といわれています。
逆にサービスしたくない悪いお客さんとは、「定休日の前日の閉店間際に来る人」「すぐに値引き交渉する人」「好印象を与えない格好の人」といわれています。
これらの点を踏まえて良いお客さんであれば、どのような不動産屋でも良い不動産屋に変わるかもしれません。
不動産屋の特徴を理解して利用することと、良いお客さんであることが良い不動産屋に巡り合うポイントといえるかもしれません。

Copyright (C)2017賃貸の基礎知識と裏ワザを知っておこう.All rights reserved.