賃貸の基礎知識と裏ワザを知っておこう

情報源と正しい読み取り方法

賃貸の基礎知識と裏ワザを知っておこう
より良い住まい探しに必要なのが「情報収集」で、その情報源と正しい読み取り方法を理解しておくと役立つことでしょう。
賃貸契約をしてから優良物件に気付いたでは困るので、後から後悔しないためにもこれらの点は理解しておきましょう。
手軽に情報を集められるのがインターネットで、複数の不動産会社の物件がチェックできる総合サイトを利用すると良いでしょう。
また情報を集める際には、書き出した優先順位をつけた希望条件を手元に置いて検索すると良いです。
なぜなら、ほとんどのサイトが希望条件を絞って情報を検索できるからです。
あと、インターネット以外でも活用できる情報源としては地域の情報誌があって、希望地域での物件比較には最適に活用できるでしょう。
ただ、利用する前には希望エリアを限定しておく必要があります。
あと、意外と忘れがちな情報源といえるのが、希望エリアに住んでいる友人や知人など身近な人からの口コミです。
このように意外と情報源になるものはたくさんあるので、上手に活用するように心がけましょう。
賃貸物件の広告に「最寄り駅まで○分」と所有時間が記載されていますが、「これってホント?」と感じる方も多いことでしょう。
不動産会社は基本的な規約を守って広告を提示していますが、あくまで基本的な規約を守っているだけと考えるべきです。
例えば、最寄り駅までの所有時間ですが、規約では徒歩で1分80m計算されて端数は切り上げられるのです。
また、道路距離駅の出入り口からなので、複数の沿線が通っている駅では単純に計算通りには行かないのです。
騙すつもりはないのでしょうが、気に入った賃貸物件に関しては、実際に自分の目と足で確認する必要があるでしょう。
最低限これらのことを認識しておくと効率的に物件探しができるでしょうし、現実と違って苦労することも回避できるでしょう。
ですから、後悔という最悪の結末を避けるためにも、情報源と正しい読み取り方法を理解しておきましょう。

Copyright (C)2017賃貸の基礎知識と裏ワザを知っておこう.All rights reserved.