賃貸の基礎知識と裏ワザを知っておこう

初期費用に関する知識

賃貸の基礎知識と裏ワザを知っておこう
部屋を借りる場合に予算を立てることでしょうが、家賃だけではなく「初期費用」も考慮する必要があります。
実は、不動産賃貸契約の時に初期費用も必要になるので、その時までに捻出できるようにしておきましょう。
そこで、初期費用に関する知識を多少知っておくと役立つことでしょう。
初期費用の内訳というと、はじめに皆さんがご存知の「敷金」「礼金」が思い浮かぶことでしょう。
敷金とは、家賃や補修費などに充てる名目で、借主が貸主に一時的に預けるお金で「担保」と捉えると良いでしょう。
家賃の1ヶ月か2ヶ月というのが相場で、もし退去時までに全く問題がなければ全額戻ってくるシステムになっているのが一般的です。
ただ、借主の落ち度などで破損や損傷があった場合や家賃未納があった場合には、必要経費としてその分引かれます。
あと地域によっては、何の問題がなくても全額返還を約束しないこともあるので、事前に確認して約必要があるでしょう。
礼金とは、その名の通り貸主に「物件を貸していただく」というお礼を示すためのお金です。
こちらも家賃の1ヶ月分か2ヶ月分が相場ですが、最近は礼金不要という賃貸物件も増えています。
ただ、敷金と違って戻ってこないお金と理解しておきましょう。
「前家賃」も初期費用といえます。
後払いで良い場合もあるのですが、一般的に家賃は翌月分も前払いしなくてはならないので、その点を理解しておきましょう。
あと、不動産会社に支払う「仲介手数料」も初期費用として忘れてはいけません。
仲介手数料は安ければ家賃の0.5ヶ月分以下というのもありますが、最大1ヶ月分の家賃を求められることもあります。
しかも、消費税がかかるので税込みで計算しておくことを忘れないようにしましょう。
ただ、「仲介手数料」が無料という物件もあることも知っておきましょう。
このように敷金・礼金・前家賃・仲介手数料と様々な初期費用があることを理解しておきましょう。
ただ、先にも触れたように無料という賃貸物件があるので、その点を上手に利用すると良いでしょう。

Copyright (C)2017賃貸の基礎知識と裏ワザを知っておこう.All rights reserved.