賃貸の基礎知識と裏ワザを知っておこう

エリア検討に必要な知識

賃貸の基礎知識と裏ワザを知っておこう
様々な希望条件から賃貸物件を絞り込んでいくでしょうが、まずは大体どの地域に住みたいか「希望エリア」をある程度限定する必要があるでしょう。
ただし、単にイメージだけに捉われるのは禁物で、実際に居住することを念頭に物件やエリアを決めていくことが大切です。
そして、希望エリアが決まったら実際に現地で環境など様々なことを確認しましょう。
普段あまり意識していない時には良い街に感じられても、実際に居住するとなると意外と不便な面が見えてくる可能性があります。
ですから、まずは現地を自分の足で歩いて確認することが大切なことなのです。
では、実際に現地でチェックする際に、どのようなポイントを確認していくと良いのでしょう。
まず駅前の施設の充実度で、商店街の有無や主に利用しそうなお店の営業時間などを確認しておくと良いでしょう。
次に、最寄り駅から歩いて時間をチェックしましょう。
広告などに記載されている「最寄りの駅までの徒歩時間」は、既定の計算で算出していて短く記載されている可能性があります。
また、痴漢やひったくりに遭いそうな死角がないかという防犯面、昼と夜の騒がしさの違い、若者の溜まり場となるコンビニエンスストアがないかなども確認しましょう。
ですから、できることなら昼と夜両方の時間帯に確認すると良いかもしれません。
地域によっては時間帯や曜日で雰囲気が変わることも考えられるのです。
また、万が一のことも考えて病院や避難場所など住環境のチェックをしておくことも大切です。
これらに関しては、インターネットで住環境情報を集めることが可能なので活用すると良いでしょう。
災害時の非難場所・危険エリア・犯罪の発生状況・交番の位置・病院(緊急時の受付を含め)など、また行政サービスなども併せて確認しておきましょう。
あと、その地域に関する生の声がチェックできるサイトもあるので、チェックしにくい点は利用して確認すると良いでしょう。
このように賃貸物件のエリアをチェックしておくと、後悔する可能性は少なくなるといえるでしょう。

Copyright (C)2017賃貸の基礎知識と裏ワザを知っておこう.All rights reserved.